「毒島ゆり子のせきらら日記」第5話あらすじ5月18日・感想・予告動画

毒島ゆり子のせきらら日記」5月18日放送

第5話

 第1話

 第2話

 第3話

 第4話

第5話あらすじ

わたしは世界中で一番不幸せな人間だと思っていた。

愛人を作った父親に捨てられ、人を信じられなくなった。

男は裏切るもの。永遠の愛なんてものは存在しないと思っていた。

小津さんと出会う前は。

小津さんには奥さんも子供もいた。確かに一度わたしたちは不倫という過ちを犯したかもしれない。

でも小津さんはすべてを捨ててわたしを選んでくれた。だからわたしもすべてを捨てた。

美登里との4年間に終止符を打ち、野村さんにも別れを告げた。

小津さんという運命の相手と出会って初めてわたしは人を信じられる。

今はこう思う。

わたしも父親も本当の愛を手に入れたかっただけ。

野村は別れに納得がいかず、喫茶「つみき」にいるゆり子の元へとやってきた。

もう二股はやめたから、もう野村とは付き合えないことを再び告げるゆり子。

野村さんも幸せになってね。」と微笑む。

唖然とする野村。

スポンサーリンク

ゆり子の後をつける影

今日もゆり子は、黒田グループの新人議員である中川尚太郎の事務所に来ていた。

中川に煙たがられるゆり子を見かねて、秘書の青羽は、中川に内緒で「少子化対策改革案」の資料を渡してくれた。

そんなゆり子の後をつける何者かの姿があった。

ゆり子の自宅に、小津が自分の荷物を持って来てくれた。

今日からここに帰ってきてもいいですか?

ゆり子は幸せの真っ只中にいた。

黒田の分党は

一方、政局は黒田が猛反対する中、誠心党が国会に「少子化対策改革案」を提出した。

黒田が分党するのも時間の問題となっていた。

中川に相手にされないながらも、なんとか情報をつかもうと毎日ゆり子は話をしに行く。

そんなゆり子に根負けしたのか、ついに中川はゆり子の取材を受けてくれた。

ゆり子は青羽からこっそり渡された資料から得た情報で中川に具体的な質問をする。

何故そこまで知っているのかをゆり子に聞くが、ゆり子は「信頼関係なので。」と出所を明かさない。

そんなゆり子の姿を見た中川は、しばらくこの事務所には来るな、電話で連絡する、と告げる。

中川がゆり子を信頼し始めた。

ある夜、中川から電話で告げられた住所に行くと、そこには黒田がいた。隠れて話を聞いていたゆり子だったが、黒田の側近の上神田に見つかってしまう。

上神田に気に入られていたゆり子は、同じ食事の席につかせてもらえた。

さっそく誠心党の分党の時期について黒田に尋ねる。

今吹いている風は向かい風だ。」と黒田は一言。

ぼろぼろの野村

黒田の言葉の意味を考えながら家路につくゆり子。家の前まで来ると、野村がゆり子を訪ねてきていた。

ゆり子と別れ、ぼろぼろだという野村は、ゆり子とやりなおしたいという。

きみは相手の気持ちを考えたことあるのか。心から愛してた人に裏切られる気持ち。」と野村。

「本当にごめんなさい・・・」とゆり子は帰ってきた小津と家の中に入る。

わかってる・・・そんなのわかってる・・・

そんな中、黒田の言葉の意味を考え続けたゆり子は、中川からの情報でついに新党立ち上げをどこよりも早くスクープする。

スクープを小津といっしょにお祝いしようとゆり子は上機嫌で家に帰るが、そこには小津の荷物はなかった・・・

第6話へ

第5話予告

第5話感想

野村さん、いつもとはもう全然違う雰囲気になっちゃっていましたね。ゆり子のこと本当に好きだったんですね。もう今回で野村の出番は終わりなのかな。

小津さん、やっぱりなんか胡散臭さが拭いきれない(笑)

本当はまだ離婚していないのかも・・・

美登里に別れを告げるシーンはやらなかったですが、来週の予告では美登里の姿がありますね。

これからもまだゆり子となんらかの関わりは持つんでしょうね。結局小津とはうまくいかず、美登里とヨリを戻すとか。

ゆり子の後をつける何者か・・・気になります。郵便物まで盗んだりしていったい誰なのか。

政治関係者か、小津関係者なんでしょうか・・・

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。