ご飯の炊き方

お米の計り方・研ぎ方を参考にして、準備しておきます。

浸水させるかさせないか確認

お米を研いだら炊飯器の釜に移し、釜の内側に書かれている目盛りまで水を加えます。

炊くときに熱が均一にいきわたるように、表面を手で平らにならすようにします。

そして一般的にはそのまま浸水させるのですが、今の炊飯器には炊く時間に浸水させる時間もプラスされているものが多いのです。その場合は、浸水させる必要がないのでお持ちの炊飯器の説明書を確認してみてください!

浸水させる場合の時間は、夏は最低30分、冬は1時間以上が目安です。

気温が高くなる春から夏にかけては冷水を漬けておくと美味しいご飯になります。

ご飯が炊けたら

ご飯が炊きあがったら、10分ほどおいてご飯を蒸らす必要がありますが、最近の炊飯器にははじめから蒸らす機能がついているものが多いようです。これも浸水のときと同様、説明書を確認してみてください。

ご飯をほぐす

ご飯が炊けたら炊飯器のふたを開け、ご飯をつぶさないようにしゃもじで「十字」を書くように四等分しながら底から切るようにほぐします。

お米の表面が外気に触れることによって、全体がちょうど良い固さになります。

ご飯をお茶碗によそった後は、できるだけ余分な熱をかけないために釜の中央にこんもりと寄せて保温しておくと良いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加