スムージーで肌が老化!?正しい飲み方!初耳学

健康や美容のために、朝スムージーを飲んでいる人は多いですね。

特にモデルや芸能人のSNSなどにもよく登場したりテレビで紹介されていたりするので、
きれいになりたい人や健康になりたい人の朝の定番になりつつあるのではないでしょうか。

そんなスムージーに関して、2月28日放送の林先生の初耳学で放送されていたので
ご紹介したいと思います。

スムージーとは

フルーツや緑黄色野菜を合わせてミキサーにかけたものがスムージーです。
自宅でも簡単に作ることができ、手軽にビタミンやミネラルを摂取できるとあって
美容やダイエットにすっかり定番の飲み物ですね。

スムージーは○○に飲むと肌が老化する?

スムージーといえば、やっぱり朝食に飲む人が多いですよね。

しかしスムージーは間違った作り方で、特に朝食の際に摂取すると老化を早めて
しまうそうなんです。
朝飲むのが定番なだけに、これは見逃せないですね。

間違った摂取の仕方を毎朝していると、シミができたり肌のコラーゲンなど
弾力を保つ繊維を傷害してしまい、老化した肌になってしまうそうです。
美容健康のためにせっかくスムージーを飲んでいるのに、まったく逆の結果に
なってしまうなんてもったいないです!

なぜ、朝に飲むと老けるの?

老化につながる原因は2つあります。

1つ目は朝に食べると肌に良くない野菜があるということです。
それが、セロリパセリなんだそう。
セロリにはビタミン・食物繊維が、パセリにはビタミン・鉄分が豊富で
そのままでは食べずらいこともありますが、スムージーにすると抵抗なくとることができる
ので、スムージーに入れるのに定番の野菜ですね。

しかし、パセリやセロリなどのセリ科の野菜にはソラレンという光毒性の強い物質が
多く含まれています。

光毒性とは一体なんなんでしょう?毒って聞くとコワイかんじがしますね…

光毒性は、肌が光に当たると紫外線に過敏に反応し、なんらかのダメージを与えてしまう
性質があるそうです。
シミ、そばかす、くすみなどができやすくなってしまうということですね。

その光毒性となるソラレンを多く含んだ食材が、セロリやパセリ、オレンジなど柑橘類だそうです。

このソラレンを多く含んだスムージーを朝食に飲み、直後に外出し日光を浴びると、
より紫外線を吸収し、肌の老化を進めることになってしまいます。

セロリやパセリなどソラレンが多い食材を使ったスムージーを飲むなら、夜にしましょう!

また、もう1つの理由が
氷を入れるなど冷やした状態で朝に飲むと体が冷やされてしまい、
腸内環境が悪化し、便秘や肌の老化の原因にもなるそうです。

朝にスムージーを飲みたい場合はどうする?

といっても、それでもダイエットなどのために朝食にスムージーを飲みたいですよね。
そんな方にオススメのスムージーも紹介されていたのでお伝えします!

生姜とリンゴのスムージー

リンゴ    100g
チンゲン菜   15g
クレソン     2g
生姜       0.5g

ソラレンを含まないリンゴをベースにしたスムージーを作ってみましょう。
リンゴには、抗酸化作用などがあるので美容にもとってもいいですね。
チンゲン菜には、肌の代謝に必要なビタミンCやカリウムが多く含まれています。
クレソンは、栄養素密度ランキング1位のスーパー野菜とよばれているそうです。
さらに、体の代謝を上げてくれる生姜は冷え症改善にも効果的ですね。

おわりに

美容とダイエットのために飲んでいるスムージーが、肌を老化させている原因になってしまっては困りますね。
野菜に含まれている物質と紫外線の関係を気にしたことは今までありませんでした。
さらに以前から気になっていた、スムージーを飲んだ後に感じる体の冷えはやっぱりよくなかったんだということがわかりました。
体を冷やさないようにも気をつけたいですね。
明日から、正しく野菜を選んでもっと美味しく健康にスムージーを飲みましょう♪

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。