氷酢たまねぎの作り方とレシピ!酢しょうがを超えた?サタデープラス

4月30日放送のサタデープラスで「氷酢たまねぎ」の特集をしていました。

この番組で以前とりあげられたのが、スライスたまねぎを酢に漬け込んだ「酢たまねぎ」。

血糖値や中性脂肪に高い効果を発揮するとして、話題になりました。

・酢    ・・・ 中性脂肪を減らして、代謝力を高める。血流促進、血管拡張効果。

・たまねぎ ・・・ 血液をサラサラにして血流を良くする。

という作用がそれぞれあります。

酢とたまねぎは効果を倍増させる最高の組み合わせと言えます。

しかし、この酢たまねぎは5日間も酢に漬け込む必要があり、少し面倒だという一面もありました。

そこで、酢たまねぎの進化版ともいえるのが、「氷酢たまねぎ」。

酢たまねぎの健康効果はそのままで、保存期間も長いのが特徴。

この分野の最終形態ともいえる「氷酢たまねぎ」の作り方や実際の効果をまとめてみました。

スポンサーリンク

一日に氷3ブロックで血管若返り!

酢しょうがとの違いは?

以前サタデープラスで紹介されて大反響を呼んだのが、「酢しょうが」。

「酢しょうが」と「酢たまねぎ」はどう違うのでしょう。

・しょうが ・・・ しょうがの成分は保温効果が高く、寒い冬に縮こまった血管を拡張する効果に優れている。

・たまねぎ  ・・・ 血液をサラサラにし、血圧を下げ、血管若返りの成分に長けている。

このような特徴があります。

暖かい春には、血管若返りの成分に長けた「氷酢たまねぎ」を番組内ではおすすめしていました。しかも、疲労回復効果もあるんだそう。

氷酢たまねぎの作り方

材料

たまねぎ 2個(大きめのもの)

酢 150ミリリットル

はちみつ 100ミリリットル

1.たまねぎの皮をむき、4等分に切る。

2.ミキサーにたまねぎ、酢、はちみつを入れて混ぜる。

3.ピューレ状になったら、製氷皿に入れ、冷凍庫で一晩凍らせる。

たったこれだけで、氷酢たまねぎのできあがりです!

お酢は何を使う?

お酢には、穀物酢、米酢、などさまざまな種類がありますが、氷酢たまねぎを作るときにベストなのは、黒酢なんだそうです。

黒酢には、ビタミン、ミネラル、アミノ酸が豊富で、クエン酸の効果で基礎代謝をアップさせる効果があり、味もまろやかになるんだそう。

食べ方は?

1ブロックを25グラムとして、1日に3ブロック(75グラム)を食事に混ぜて食べるだけ!

番組では、タレントの早見優さんとTKO木下さんが試していました。

どんな料理とも相性抜群の氷酢たまねぎ。番組内で紹介されていた食べ方をご紹介します。

お味噌汁の中に入れる。
カレーライスに入れると、たまねぎの甘味とお酢の酸味がとてもいい隠し味に。
しょうが焼きの漬けダレに使えば、お酢の効果でお肉が柔らかくジューシーに。

たまねぎのみじん切りの代用として使えるので、ミンチ肉に混ぜてハンバーグに。
ポン酢と合わせて、かつおのたたきのタレとして。
しょうゆやマヨネーズと混ぜて、健康ドレッシングに。
さらには、カップラーメンに入れれば栄養もプラス。

早見さんは、氷酢たまねぎを溶かして、ドレッシングのようにしてお魚といっしょに食べたり、アクアパッツァを調理する際にいっしょに加えたり、他の具材と炊飯器に入れて、炊き込みご飯にしたりしていました。

木下さんは、シャーベット状にして、冷奴の上に乗せて食べたり、野菜ジュースに入れて飲んでいました。

いろいろな料理に使える氷酢たまねぎですが、効果を発揮させるには、できるだけたまねぎを生に近い冷たい状態で食べるのが健康効果の成分を多く摂取しやすいので良いそうです。

普通のたまねぎと新たまねぎはどっちが良い?

今の時期は新たまねぎが出回っていて、スーパーでも良く目にしますね。

普通のたまねぎとどちらが適しているのかというと、水分量が多くミネラルが豊富な、新たまねぎだそうです。

甘味も強いので、より味わい深くなるんだとか。フルーツといっしょにミキサーで混ぜてスムージーとしてもおすすめしていました。

効果は?

番組では、早見優さんと、木下さんの他に、一般の30代、40代、50代の方たちも10日間の氷酢たまねぎ生活を試していました。

10日後の血液検査で、血管年齢が平均マイナス19.3歳の若返りで、血圧は3人全員が、血糖値は一人の方が下がっているという結果でした。

さらに腹囲は平均約2センチダウンしていました。

早見優さんの結果は、もともと実際の年齢より若かった血管年齢がさらに3歳若返り中性脂肪の数値も19下がっていました。疲労度を表す数値もかなり改善していました。

木下さんのほうは、ウエストが2センチダウン、体脂肪率が1.5%減少していました。
血糖値は、111から87まで下がって正常値に、中性脂肪は553から407に下がっていました。血管年齢はなんとマイナス17歳に!

今回試した方全員の血管年齢が下がる結果となりました。
早見さんは、肩こりも改善されたと言っていました。

氷酢たまねぎの保存

凍らせた状態で2ヶ月間保存が可能で、凍らせない素のままだと、冷蔵庫に入れて1週間保存が可能です。

どんな料理にも合う氷酢たまねぎ。できるだけ生のままがいいので、これからの季節は、シャーベット状のままいろんな料理に乗せて食べるのが良さそうですね。
簡単に作れるので、ぜひおためしください!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。