二階堂ふみのCMがかわいい!ロカビリーとパンクの間が好き

スポンサーリンク

二階堂ふみちゃんがかわいすぎ!!

若い女の子で、60年代っぽいロックンロールファッションがあんなに似合う子を
わたしは他に知りません!(笑)

そういえば、現在出演中のぐるナイのゴチでも、聖子ちゃんカットで
セーラー服がお似合いですね。

CMで二階堂ふみちゃんが言っているセリフも気になります。

CMでは二階堂ふみちゃんが
「ロカビリーとパンクの間みたいなものがすごく好き」

って言っているんですけど、ロカビリーとパンクの間ってなに?

そもそもこのふたつの違いってなに?

ロカビリーとは

1950年代初期のアメリカ南部、メンフィスなどの地域において、黒人音楽のブルースから生まれたロックンロールと白人音楽のヒルビリーやカントリーが融合して生まれ、1954年から数年間流行した。
出典:wikipedia ロカビリー

一方パンクは

パンク・ロック (Punk Rock) は、1970年代中頃に生まれたロックのスタイルの一つ。パンクと略称されることが多い。アメリカのニューヨークのボヘミアン的なロック・シーンに産声を上げ(ラモーンズ、パティ・スミスなど)、1976年にはその影響を受けたセックス・ピストルズがイギリスのロンドンでデビュー。
出典:wikipedia パンク・ロック

ちなみにCMのなかで、リーゼントのおじさまが
「じゃあサイコビリーもいいんじゃない?」って言っていますね。

サイコビリーは、ロカビリーのミュージシャンがパンクの影響を受けて派生したジャンル
です。

ロカビリー要素を取り入れたパンクに、サイケデリックな雰囲気の要素も取り入れた
パンクといったところのようです。

ウッドベースでのスラップ奏法を多用した激しい演奏がサイコビリー共通の特徴であり、
ほとんどのバンドが同様の形式をとっている(ただし創始者とされるMETEORSは後に
エレクトリックベースを使用するようになり、The Crampsはウッドベースを使用して
いない)。演奏の特性上、ピックアップはノイズやハウリングに強いEMGが良く使われるが、
スラップ音も重視されるため別のピックアップマイクで指板裏から直接アタック音を拾うことが多い。
しかし好みによってはピエゾタイプのピックアップを使用しているアーティストもいる。

ギターは、特に初期においてはロカビリー同様グレッチなどのセミアコの使用が多かったが、
後にメタル色やハードコア色の強いバンドはソリッドギターの使用も増え、その幅は広い。
プレイにおいてもギャロップ奏法を駆使したホットリックを弾くギタリストもいれば、
ほとんどパワーコードのみの場合もある。

前述の通り現在は音楽的に色々なジャンルの影響を受けた様々なスタイルのサイコビリーバンドが存在し、それらと区別するために80年代末くらいまでの比較的ベーシックなスタイルを
「初期サイコ」と呼ぶ傾向もある。
出典:wikipedia

有名なのはこちら

Mad Sin「Communication breakdown」

Stray Cats 「Bring It Back Again」

二階堂ふみちゃんのような若い女の子がそのようなジャンルに詳しいなんてすごいです。

そんなふみちゃんのモテる秘訣は??

感性が豊かなので女優さんのお仕事も幅広い役ができるんでしょうね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。