「そして、誰もいなくなった」あらすじ・キャスト・原作!日テレの夏ドラマ

7月17日(日)から、新日曜ドラマ「そして、誰もいなくなった」がスタートします。

主演は、「カイジ」シリーズや「るろうに剣心」シリーズでの熱演が印象的だった藤原竜也さん。

藤原竜也さんは、「ST~赤と白の捜査ファイル」以来、2年ぶりに日本テレビで連続ドラマの主演を務めることになります。

偽者に人生を乗っ取られる」という、なんとも衝撃的なドラマです。

監督は、「カイジ」シリーズ、連続ドラマ「ごくせん」「ST~赤と白の捜査ファイル」などの佐藤東弥さん。

あらすじや、キャスト原作はあるのか、などをお届けします!

「そして、誰もいなくなった」キャスト

藤堂 新一  ・・・ 藤原 竜也 

大手コンピューターシステム開発会社の優秀なシステム開発研究員。順風満帆な生活を送っていた。

小山内 保  ・・・ 玉山 鉄二

新一の一番の理解者で、親友。総務省のキャリア官僚。

藤堂 万紀子 ・・・ 黒木 瞳

新一も母親。夫を亡くし、女手一つで新一を育ててきた。

日下 瑛治  ・・・ 伊野尾 慧

新一の行きつけのバー「KING」の若きオーナー兼バーテンダー。甘いマスクと優しい言葉で人々の心を解きほぐす。

伊野尾慧がかわいいと話題!ドラマ出演でも注目!どんな性格?

倉元 早苗  ・・・ 二階堂ふみ

新一の恋人であり、婚約者。理想的な相手であった新一との念願の結婚に浮かれている。しかし、新一が巻き込まれた謎の事件によって、さまざまなすれ違いが生じ、次第に疑心暗鬼に駆られていく。

スポンサーリンク

あらすじ

容姿端麗、頭脳明晰、家族や友人、恋人にも恵まれ、順風満帆な人生を送っていた、主人公・藤堂 新一。

ある日、同姓同名の別人が逮捕されたことで、人生は一変する。

次々と押し寄せる不可解な事件の数々。

救いようのない絶望的な状況に陥れられた新一が、見えない敵に立ち向かっていく。

今回の役について、藤原竜也さんは「名前や個人情報が乗っ取られ、自分の存在がなくなるも、そこからどう自分を取り戻していくのか、という設定の役」とコメントしています。

藤原さんといえば、今まで多くの映画・ドラマなどに出演されていますが、「バトル・ロワイアル」や「カイジ」などでみせた、どうしようもない状況で嘆き叫び・・・という役の印象も大きいです。

今回のドラマも、「救いようのない絶望的な状況の主人公」というだけあって、藤原さんの最高に最悪な「ドン底の主人公」が注目されますね。

味方ゼロ

登場人物全員が容疑者

信頼していた仲間の裏切り

という言葉が並んでいるので、親友や母親の裏切りがあったりするのでしょうか。

新一の親友役を演じる、玉山鉄二さんは自身の役について、「(新一から)助けを求められるが、どう関わっていくのか謎めいたキャラクター」となにやら含みがあるようなコメントをしています。

母親の万紀子の人物説明には「新一を心から信用する一方、時折見せる表情の中には何か怪しさを含んでいるようにも見える」とされています。

原作は?

原作はなく、完全オリジナルの脚本となっています。

脚本は、「天体観測」「ドラゴン桜」「サマーレスキュー〜天空の診療所〜」などを手がけた秦 建日子さん。

アガサ・クリスティの同名のミステリー小説がありますが、それとは無関係です。

日曜夜をジェットコースターのようなスリルと衝撃が駆け抜けるというこのドラマ。

予想を超える裏切りの連続にハラハラさせられそうですね!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。